本当に選ぶべき避妊方法

Girl is thinking

妊娠を望んでいない女性はパートナーと性行為をする際に、どういった避妊方法を選んでいるのでしょうか。もし、男性による膣外射精を選んでいるカップルがいるのであれば、すぐにでも改めるべきでしょう。これは論外として、男性がコンドームを装着する方法をとっているカップルは多くいるはずです。
女性の中には男性がコンドームを装着していれば、完全に妊娠を防ぐことが出来ると考えていないでしょうか。これは大きな間違いです。コンドームを装着しただけでは完全に避妊をすることは出来ないんです。
コンドームを装着した性行為の避妊の確率は約80パーセントと言われています。単純に考えれば、10回に2回は妊娠をしてしまうという計算になってしまいます。これは、挿入中にコンドームが破れたり、外れたりなどの事故が起こってしまうからです。ですから、これまで安心しきっていた女性は考えを改める必要があるでしょう。
もちろん、コンドームでの避妊は間違いではありません。それを確実にするためにアイピルを常備しておけばいいんです。アイピルとはアフターピルの一種です。
アイピルは性行為後24時間以内に利用すれば、約95パーセントという高い避妊効果を発揮してくれます。ですから、コンドームよりも信頼できます。もし、コンドームを利用した性行為中に不具合が起こってしまっても、アフターピルであるアイピルを服用すれば、望まない妊娠を防ぐことが出来ます。
アフターピルを利用した避妊方法も知っておくと、より確実な避妊ができます。