girl sad and worried

女性の意識を高める

Medicines

日本は世界的に見ても中絶手術の件数が飛び抜けて多い国だと言われています。なんとその件数は年間で約30万件にものぼります。まだこの世界に生まれていないとはいえ、命が誕生していることは間違いありません。考え方によっては殺人ともいえるでしょう。
先進国である日本ではしっかりとした性教育も受けています。大人にならずとも、ある程度の年齢を越えれば、避妊の方法も知っているはずです。それでも、これだけ中絶手術が多いということは避妊に対する意識の低さの現れといえるでしょう。
望まない妊娠をしてしまう女性の特徴に避妊を男性任せにしているとことが挙げられます。自分では具体的な避妊方法については提案をせずに、男性に丸投げしてしまっているんです。実際に妊娠をして肉体的な負担を抱えるのは女性です。ですから、本来は女性が中心となって避妊については考える必要があります。
アフターピルを常備しておくのも女性が自分で選ぶことができる避妊方法の一つでしょう。アフターピルの効果は、性行為後に利用することで妊娠を防ぐというものです。もし、男性に任せきりにしている避妊に失敗をしてしまってもアフターピルがあれば望まない妊娠を防ぐことが出来るんです。
ネット上の通販などではジェネリック医薬品のアイピルなどが購入できます。病院の処方よりも安くアイピルは購入することができるので大変お得です。
そしてマーベロンやトリキュラーと言った低用量ピルの服用でも妊娠を防ぐことができます。毎日服用することで月経をとめる効果が働き、着床を防ぎます。低用量と言うだけあって体にかかる負担も少なく副作用の心配なしで服用することができます。
年間で約30万件にもなる中絶手術を減らすには女性の避妊に対する意識を変えていく必要があります。これは、尊い小さな命と女性の心と体を守ることにもなります。アフターピルは大きな役目を果たしてくれるでしょう。

アイピルの効果や服用方法の詳細はこちら